自分だけのワンルーム作りをサポート

ワンルームコーディネートのポイント

 

親元から離れて、初めての一人暮らしのスタートに、ワンルームマンションを選択する人も多いですよね。憧れの一人暮らしは、「好きなインテリアを素敵にコーディネートして、オシャレに暮らしたい。」って夢が膨らんじゃいます。

 

でも、ワンルームって、インテリアをコーディネートするのは意外と難しいんです。

 

ワンルームならではのコーディネートのポイントを紹介しちゃいます。
インテリアで失敗したくない人は必見です。

 

>>【コダワリその1】家具の配色はこちら

>>家の売却を検討中の方必見!不動産査定サイトを一括比較

 

 

まずは、ワンルームの特徴を頭に入れるべし!

1人で暮らすとなると、実家暮らしで使っていた自分の部屋のようにはいきません。
全てのものを、ワンルームの中に納めなくちゃいけないんです。

 

コレが結構、大変ですよ!

 

ワンルームだと、玄関やキッチン・お風呂・トイレなども小さいことが、ほとんどですよね。
そこに入りきらないタオルやトイレットペーパーの予備なんかも、進出してきちゃうんです。

 

インテリアを考える前に、「ワンルームは狭い。」ということを頭に入れておきましょう。素敵なインテリアを見つけたからといって、あれもこれも買っちゃうと収拾がつかなくなりますよ。

 

 

 

狭いワンルームだからこそ、空間づくりが大切!

オシャレなワンルームにするために大切なものは、「空間」です。いくら素敵なインテリアを配置しても、空間がないと落ち着かない雑然とした部屋になっちゃうんです。

 

空間を作るためには、レイアウトが重要だと言えます。

 

ベッドやソファー、チェスト、テレビボードなどの家具は、壁につけるようにしてレイアウトしましょう。部屋の真ん中には、低めのテーブルだけっていうレイアウトは、空間を作り出すことが出来ちゃうインテリアのテクニックですよ。

 

 

 

収納グッズで、オシャレに差をつける!

ワンルームって、収納が大変なんです。

 

部屋についている収納と言えば、クローゼットくらいですよね。
しかも、かなり狭いものが多いんです。
とてもじゃないけれど、入りきりません。

 

ポールハンガー

オススメの収納グッズは、ポールハンガー。
ちょっとした帽子やマフラーなどをかけることが出来るアイテムです。センスのいいものを選べば、オブジェっぽくてインテリアの一部になっちゃうから一石二鳥ですよ。

 

でも、脱いだ服や、洗濯した衣類をポールハンガーにかけると、一気に生活感が出てアウトな感じになっちゃうから注意してくださいね。

 

便利な収納グッズは、ワンルームでは必需品です。
インテリアに合った収納方法を見つけることも、コーディネートの一部と言えますね。

 

 

 

大きな鏡で、部屋を広く見せちゃおう!

姿見

 

狭いワンルームを広く感じるようにするために、大きな鏡を置いてみませんか?部屋に広がりがあるように、錯覚できるのでオススメです。

 

もちろん、ファッションチェックなどにも使えるから実用的。
ただ、鏡が汚れた状態だとオシャレ感はダウンしちゃいます。
ピカピカだと、気分もいいですよね。

 

 

 

面倒がってはダメ!生活感を部屋にキープしないで!

「置く所がない。」からといって、電子レンジや炊飯器がキッチンではなく部屋にあったりしませんか?置いちゃダメです!

 

オシャレなインテリアに生活感は、絶対にNGなんです。
電子レンジは最優先でキッチンに置きましょう。

 

炊飯器やトースターなどの小さなキッチン用品なら、普段はキッチンの収納棚に入れておいて、使うときにだけ出してくるようにしたいですね。
毎回きちんと直さないと生活用品に囲まれた部屋になっちゃいますよ。

 

 

 

ワンルームのインテリアをコーディネートするって、難しいですね。
ここでまず、ワンルーム特有のコーディネートのポイントや問題点を頭に入れておいてくださいね。大きな家具を買ってからじゃ、大変ですよ!