エレガントで優雅なインテリアを目指すなら、ヨーロピアンスタイルでまとめましょう。

ヨーロピアンスタイルにまとめる

 

エレガントで優雅なインテリアを目指すなら、ヨーロピアンスタイルをオススメします。
ヨーロッパで、古くから愛されているインテリアのコーディネートなんです。

 

華やかな印象の「エレガントクラシック」と、重厚感のある「イングリッシュクラシック」を紹介します。

 

アメリカンテイストとは?

 

 

エレガントクラシックって?

エレガントクラシック

家具には、木材を多く使用します。
人工的なメタル素材のものはNGです。

 

また家具の色は、ホワイトがオススメ
真っ白なインテリアの中に、少しピンク系の花柄を加えましょう。ソファーの布地部分やカーテンに花柄を取り入れると、ヨーロピアンスタイルが出せちゃいますよ。

 

エレガントクラシックの家具の特徴は、曲線を多用するところにあります。
ソファーやテーブルの脚も直線のものではなく、「猫脚」と呼ばれるネコの脚のように曲線で出来たものを選びましょう。

 

家具のデザインも、彫り物がしてある優雅なものがベストです。
優雅さは、エレガントクラシックなインテリアでは欠かせませんよ。

 

完璧なエレガントクラシックを目指すなら、照明はシャンデリアか、華やかで優雅なデザインのものを使いましょう。普通の照明では、いっきにヨーロッパ気分が吹っ飛んじゃいますよ。

 

 

 

イングリッシュクラシックって?

家具に木を使うところは、エレガントクラシックと同じです。

 

イングリッシュクラシックって?

違いは、家具の色。濃い目のブラウンを使います。
落ち着きのあるインテリアで、古くから英国紳士に愛されてきたスタイルです。

 

家具はアンティーク調のものにすると、ヨーロッパ貴族の雰囲気を味わうことが出来ます。

 

イングリッシュクラシックでは、重厚感が必要なので家具の値段が少し高いんです。
でも、高級な家具に囲まれれば、ヨーロッパセレブ気分になれちゃいますね。

 

 

 

お好きなヨーロピアンスタイルは?

同じエレガントで優雅なヨーロピアンスタイルでも、エレガントクラシックとイングリッシュクラシックは、正反対のインテリアです。

 

お姫様気分になりたい人にはエレガントクラシック英国紳士を目指すならイングリッシュクラシックでコーディネートしちゃってください。